オーナーとしての自覚|投資マンション運用で将来の不安払拭!売却のことも忘れずに
メンズ

投資マンション運用で将来の不安払拭!売却のことも忘れずに

オーナーとしての自覚

レディ

アパートやマンションを一棟購入して収益を得ようとするとき、同時に検討するのがサブリースや一括借上を利用するのかということです。このサブリースなどを利用する際には家賃保証が検討事項になってきます。アパートやマンションを運用するときに心配になるのが、空室が発生することや入居者が家賃を滞納してしまうことです。特に入居者の家賃滞納は回収の作業も大変ですし、それが続けば収入源につながってしまいます。せっかく初期投資をして建物を手に入れたにも関わらず、収入が無いとなると建設費用などの投資費用を回収できなくなってしまいます。そうすると収益はマイナスとなってしまうので、家賃保証をしてもらって収入を確保するのです。

家賃保証については不動産業者が提案してきますので、その際に検討することになりますが、メリットやリスクについてもしっかり把握しておくことが大切です。メリットとしては、不動産物件を専門で扱っている会社に建物の管理や入居者の募集を任せられるので、副業として始めやすいということです。その他には先に挙げたように、家賃が滞納されたとしても保証してくれるということです。空室になった場合であっても保証してくれます。では、どんな点に気をつけて契約するのかというと、決して全てを家賃保証会社任せにしないことです。空室の心配がないといっても状況把握は大切ですし、オーナーなのですから設備の保守安全を守らなければいけません。周囲の建物との家賃相場を合わせることもオーナーの役割であるということは理解しましょう。