会社の実力を図る|投資マンション運用で将来の不安払拭!売却のことも忘れずに
メンズ

投資マンション運用で将来の不安払拭!売却のことも忘れずに

会社の実力を図る

インテリア

マンションやアパートを経営する際は、入居者が常に入っていて、空室がない経営ができた方が良いと考えるのは当然です。建設の際には不動産業者に相談することになりますが、このとき自分で経営をするのではなくサブリースを考えているのであれば、その会社と一緒に好立地・好条件の賃貸物件建設を探っていきましょう。住宅というものはよほどのことでない限り、立地が悪い場所の物件が人気が出ることはありません。多くの人が魅力を感じる物件はやはり、交通の便が良く、周囲に生活のための施設が充実しており、安心して暮らすことができる地域に建設されている物件なのです。サブリースを依頼する際にはそういった条件が良い土地を探してくれる業者から選ぶことが大事です。

サブリースを頼みたいとなった場合、まず会社の実績を確認します。このとき、実例として挙げられているマンションやアパートがあれば建築年数と入居率をチェックしましょう。もし建築年数がかなり経過しているのにも関わらず高い入居率を誇るところであれば、実力のある会社であると判断できます。そういった管理能力の高い、運営能力のあるサブリース会社なら経営初心者でも安心して物件を任せられるでしょう。依頼する際に想定しておくべきことが、家賃の減額請求をされる可能性もあること、中途解約されることもあることです。信頼できる会社であればそういった心配はありませんが、契約更新の二年ごとには気をつけて減額率をチェックするようにしましょう。管理費は大体家賃の10%となるのでこれも覚えておくといいです。